タイプど真ん中のデリヘル嬢

出張で訪れた関西で初めてデリヘルを呼んだ時の体験談。お店に年齢問わず一番淫乱で美人な女の子とお願いしてやってきたのはタイプど真ん中の女性だった。

見た瞬間に延長を頼むほどタイプな女の子

仕事の都合で急遽関西に出張に行くことになった。
昔から関西にはちょくちょく来ていたけど
デリヘルを呼んだことがなかったので一度呼んでみる事にした。
知っているお店も無かったので
人気がありそうなデリヘル店に電話して
年齢問わず一番淫乱で美人な女の子をお願いしてみた。
先にホテルに入り30分くらい待っているとドアのチャイムが鳴った。
女性を見た瞬間に思わずビックリしてしまった。
私のタイプど真ん中の女性だった。
26歳で結婚しているらしいが某芸能人に似てる容姿の上に
ナイスバディ。まよわず時間を延長することにした。
部屋に入るなり彼女から腕を組んできて
豊満な胸を押し付けるような仕草。
その時点でこちらの下半身は興奮状態になっていた。
辛抱できずにキスを仕掛けたら彼女も舌を出して
厚いディープキスの応戦となった。
お互いの唾液を飲む込むようなディープキスをしながら
体をまさぐりあう。
彼女のブラウスを剥ぎ取る様に脱がすと
綺麗な形のおっぱいが目の前に現れた。
そのままブラを押し下げ夢中でおっぱいにしゃぶりついた。
「先にシャワー浴びようよ」という彼女の言葉を無視して
ミニスカートを捲り上げた。
すると彼女はソファに座り込み両足を大きく広げた。
私は彼女の股間に顔を埋めパンティの上から舐めあげていった。

素股からまさかの本番へ

セクシーな喘ぎ声を上げる彼女にさらに興奮した私は
パンティを脱がせて柔らかな陰毛を掻き分け肉ビラに舌を差し入れた。
すでに剥き出しになっているクリも吸い上げるように刺激すると
彼女は体全体を小刻みに震わせて私の顔を挟みつけた。
完全にイッタようでぐったりと息を荒げる彼女。
しばし休憩を挟み彼女と話をしていると
夫とは一か月以上セックスレスになっていて
初めて会う私のことを随分気に入ったようだった。
そして私を裸にしてソファに座らせると
可愛い唇でいきり立った一物を咥えこみ
ねっとりとなぶるようにすすり上げていく。
その後は彼女にお願いして素股に移行。
彼女は私の膝の上に跨り腰を揺する様に素股をしてきた。
すると偶然にも私の一物が彼女の中に入ってしまったのだ。
慌てて抜こうとしたが予想以上に彼女が感じていたので
そのまま本番をすることに。
「もっと突いて、奥まで突いて!」
力を込めてグイグイと彼女を突き上げると
彼女もそれに合わせるように深く腰を落としてくる。
二人の動きが一致してクライマックスに向けて激しく腰を打ち付ける。
そして二人同時に絶頂を迎えた。
それから二人でバスルームに。
まるで恋人のようにイチャイチャと体を洗いあった。
そして帰り際に再会を約束し、連絡先を交換して別れた。
初めての関西デリヘルで最高の体験ができた。