SMクラブにおけるSプレイの楽しみ方

色々な性癖を持った男性にオススメするSMクラブの魅力を存分にお伝えします。

SMクラブの魅力

■いまやアダルトワードにとどまらない「SM」
SMという言葉は、いまや決して珍しい存在でもないかと思われます。
アダルト用語としてはもちろんのこと、バラエティ番組でもそのニュアンスが描かれたり
また日常会話において、普通に性格を表す言葉として使われる場合すらあります。
もとはといえばアダルトプレイの名称ですが
そこから派生し、広く使用されるようになっているのです。
SMとは、サドとマゾの頭文字をそれぞれとったものです。
前者は責める側、後者は責められ側といったニュアンスで、極端な性癖が楽しめるプレイとなっています。

■SMプレイの特徴とは
SMプレイは内容も独特で、ただ責めと受け身を割り当ててセックスするだけでなく
特別な道具や環境を使って、痛みや苦痛を味あわせることもまたプレイの一環とされています。
SMに興味がない人からしてみれば
何が楽しいのか分からないといった感じで不思議にすら感じられるかもしれません。
もちろん、実際にS志向、M志向といった性質を持っているのであれば
純粋に痛めつける、痛めつけられるの関係性だけでも満足できてしまいます。
ところが、そうした性質を持っていない人でも、実は楽しむことができます。
どういった部分に楽しみを見出せばよいのでしょうか。
今回は、S側を楽しむ際のポイントをピックアップしました。
■ストレス発散の場として
日々生きることは、ストレスの連続です。
上司に叱責された、クライアントにクレームをつけられた、恋人や家族との関係がうまくいかないなど
人生においては順調でない瞬間というのもたびたび訪れます。
とはいえ、それが仮に理不尽であっても
ぐっと堪えなければならないというケースがほとんどです。
そのため、ストレスは何かと溜まりがちです。
そんなとき、SMクラブなどを訪れてS役に徹してみてはいかがでしょう。
泣き叫ぶM女性を、ムチで痛めつけたりローソクでのた打ち回らせたり
縄で縛り上げたりして、日々溜め込んだストレスを存分にぶつけることができます。
そこには、射精にも似た快感すら味わえることでしょう。
SMとはいえ、セックス的プレイが全くないのかといえばそうでもなく
オーラルセックスや挿入、射精が伴うものもあるので、最初はそうしたライトなものから始めると良いでしょう。
性欲発散とストレス解消が同時に図れる、一石二鳥のひと時に感じられるはずです。
S側は、M以上に初心者でも始めやすいという特徴が存在します。
痛めつけるとはいえ、怪我には繋がりにくい専用の道具を使用するのが一般的なのでそこまで心配もいりません。
ぜひ試してみてはいかがでしょう。